“溜池山王駅徒歩2分”の相談オフィスで、無料で面談・相談を受付中。

お問合せ

相続対策、相続手続きの無料相談を受付しております。
03-5797-7822

  • 業務案内・料金案内
  • ご相談からの流れ
  • 専門家紹介
  • 相続エキスパート
  • 事例紹介
  • 運営会社
  • アクセス

“溜池山王駅徒歩2分”の相談オフィスで、無料で面談・相談を受付中。

お問合せ

事例データ?

現金を収益不動産に組換え
節税と不労所得を手にした高橋様(仮名)

高橋さん(仮名)は、会社経営をしていた夫を2年前に亡くされました。
急逝した夫は会社経営が順調だったことから、相続で多額の資産を残されました。
一方、資産が多かったこともあり多額の納税が必要だったため、手続きが大変でした。
手続きも完了し、ようやく落ち着き始めたころ、ご自身の相続対策も必要なのでは、
と感じられたところ、私たちを知って頂きご来社頂きました。

依頼者:高橋さん(仮名 女性・50代/主婦) 家族関係:長男、次男

財産診断の提案と資産組換えの実行サポート

  • まずは現状を把握して頂く

    高橋さん(仮名)は元々、ご自身のご両親からの相続で資産を受け継いでいることと、ご主人様の相続により相当な資産があることが分かりました。そこで、まず財産診断を行い、現状をしっかり把握した上で、対策を行っていくことをご提案させて頂きました。

  • 多額の現金を収益不動産に組換える

    財産診断を行った結果、現状では1億円を超える相続税が発生することが分かりました。そこで、内容を精査し、まずは金融機関に預けてある2億円を超える現金をただ預けておくのではなく、都心部の好立地収益不動産に組換えを行うことをご提案致しました。

    手元現金も有事に必要なことも鑑み、まずは1億円を4つの区分マンションに組換えることとしました。結果、1億円の評価が約40%に圧縮され、かつ、毎月40万円以上の賃料が継続して入ることになり、大変喜んで頂きました。

ポイント
  • ・現金を持っているだけでは相続で評価を圧縮出来ない
  • ・収益不動産に組換えることで不労所得を得ることが出来る

事例データ?

収益性の低い駐車場にビルを建築した中野様(仮名)

中野さん(仮名)のお父様は、都内中核都市の代々の名士です。
自宅以外にもアパートやマンション、駐車場を所有していました。もともと、祖父の代からの顧問税理士がいて、経営サポートをしてもらっていましたが、中野さん(仮名)は対応に不満があり、そろそろお父様の資産運用方法含め、色々と見直したほうが良いと思っていたところ、私たちを知って頂きご相談にご来社頂きました。

依頼者:中野さん(仮名 男性・40代/会社員) 家族関係:父、母、妹、弟

収益性の低い駐車場にビルを建築することを提案

  • 立地の良い駐車場が生かされていないことが判明

    お父様の資産を精査させて頂いたところ、色々と問題が出てくる中、その中でも駅に近い300坪の貸し駐車場の収益性がとても低いことが分かりました。この土地は、よく調べてみると、6階建のビルも建築出来るエリアに該当してします。ですが、いまは月極駐車場として活用されていて固定資産税をまかなえるかどうかの収支であり、中野さん(仮名)もかなり悩んでいたとのことです。

  • ビルを建築したところ月々の賃料が5倍にアップ

    私たちは駐車場を止めて、商業店舗複合型ビルを建築することを提案致しました。実は以前から住宅メーカーや、デベロッパーから建物を建てないかと営業があったようですが、どのメーカーも均一化された内容で面白みがなく、一歩踏み出せない状況だったとのこと。
    私たちは、商業施設はもちろん、物流やデザインオフィスに特化したサイトを運営しており差別化された不動産をプロデュースした実績があります。

    その実績を生かし、周辺にあるビルとは徹底的に差別化されたデザイン、内容で建築プロデュースを行うことで長期間にわたる競合優位性を保つことも出来ます。この提案は、中野さん(仮名)に御理解頂き、最終的に地元のトレンド発信基地になるような素晴らしいビルを建築して頂きました。

ポイント
  • ・保有不動産は収益性を含め定期的な見直しが必要
  • ・建築には収益不動産開発の実績があるプロに依頼することが差別化につながる

事例データ?

自宅を売却して遺産分割を円満に行った鈴木様(仮名)

お父様を亡くされた鈴木さん(仮名)は、四十九日を終え、そろそろ相続手続きを行おうと考えていました。お母様は先に亡くされていたため、弟との遺産分割協議が必要でした。
しかし、財産を見てみると、都心にある大きな自宅が一つと、その他財産であり、分けることが難しいことがなんとなくですが分かりました。
困っている時に私たちを知って頂きお問い合わせを頂きました。

依頼者:鈴木さん(仮名 男性・50代/会社員) 家族関係:弟

ご自宅を売却して現金で公平に分けることを提案

  • 自宅とその他資産では公平に分けられない

    ご相談を頂き、資産価値を確認したところ、都心にある自宅は評価が2億円はあることが分かりました。一方、その他資産は1億円ほどであることから、自宅を兄弟のどちらかが取得して遺産分割を行うことは不公平感を生んでしまうことが確認出来ました。

  • 子供の代まで仲良く円満でいられるよう公平な分け方で納得

    私たちは、デューデリジェンスを行った結果として自宅の価値に着目致しました。都心にある自宅は、いまは空き家で築年数が経過しているものの、土地は100坪以上あり、建て売り用地としてはとてもニーズがありました。幸い、兄弟とも家族があり別々に持ち家を持っていたことから、自宅を売却して、現金化してから公平に遺産分割を行うことをご提案致しました。

    結果としては、公平な遺産分割が出来て兄弟ともにご満足頂けました。加えて、相続した現金は、そのままでは評価減とならず、収益を多く生まないことから、未公開の収益不動産に組換えることを提案し、兄弟ともに御理解頂き組換えを行いました。

ポイント
  • ・遺産分割では円満な分け方を複数選択出来るコンサルタントに依頼する
  • ・相続は、不動産に詳しいプロに依頼することで選択肢が増える

事例データ?

会社経営の主人が急逝し相続手続きを行った木村様(仮名)

木村さん(仮名)には会社経営をされているご主人様がいらっしゃいました。
会社の経営も順調でしたが、先日、突然の事故により亡くなられてしまいました。
木村さん(仮名)は受験間近の高校生の息子さんのサポートで大変なときだったので、ご主人様の突然の訃報には精神的にもショックで落ち込んでおられました。それでも相続の手続きはしなければならず、信頼して相続手続きをサポートしてくれる会社を調べていたところ相続エキスパートにご連絡して頂きました。

依頼者:木村さん(仮名 女性・50代/主婦) 家族関係:夫、息子

相続手続きは相続のプロチームを結成して対応

  • 申告期限の10ヶ月以内に余裕を持って相続手続きを行う

    無料相談にご来社頂いた時には、ご主人様が亡くなられてから4ヶ月ほど経過していましたが、依頼をその場で頂き、早々に相続プロフェッショナルチームを結成し、相続手続きのサポートをさせて頂きました。
    概算評価→節税案・分割案の提案→納税対策→申告書提出までフルサポートで対応させて頂き、期限まで1ヶ月を残し完了したことで、とても喜んで頂きました。

  • その後の資産運用が大事なポイント

    実は、相続申告手続きが完了したからといって満足頂くだけではプロの提案とはいえません。木村さん(仮名)は、息子さんを育てていくために相続財産だけでは不安なところがあります。そこで、手元現金の一部を収益不動産と保険に組み替える提案を致しました。
    収益不動産は、手元現金で一棟を購入出来る余裕もありましたが、木村さん(仮名)が不動産に詳しくないことと、不動産管理にほとんど携わることが出来ないことを伺い、都心の区分収益マンションをご紹介致しました。港区、渋谷区、中央区限定で5室購入頂き、区分マンション故に管理の煩わしさもなく、定期的に収入が入る仕組みが構築出来たことでご満足頂きました。

ポイント
  • ・相続手続きは、相続をよく知っているプロに依頼する
  • ・相続手続きだけではなく、長期的な資産運用に向けた資産構成も見直すことが大事

事例データ?

不動産の収益性を高める為、
土地交換特例を活用した根岸様(仮名)

根岸様(仮名)は会社の経営をされていましたが、1年前に病気にかかり倒れてしまいました。
大事には至らなかったものの、今後のことが不安になり、資産を見直した際に、父の相続時に弟と共有で取得した不動産のことを思い出しました。
2つある共有不動産をどのようにしていけばよいかご不安になられて御相談に来られました。

依頼者:根岸さん(仮名 男性・50代/会社経営) 家族関係:長女

生前対策の提案と節税効果

  • 土地の交換特例を利用する

    根岸さん(仮名)が所有されていた2つの不動産の整理をしながら、いかに弟も納得がいく整理が出来るかどうかがポイントでした。
    不動産は都内に賃貸住宅、埼玉に自宅を所有されていました。弟が都内の賃貸住宅を所有したい希望があったため、賃貸住宅の持分と
    自宅の持分を交換特例を利用して交換する御提案をさせて頂きました。この手続きによって、根岸さんは自宅を、弟は都内の賃貸住宅を各々所有することとなり、自由に活用、処分することが出来るようになります。

  • 共有は解消しておいたほうがよい

    土地の交換特例を利用することは相続対策の節税に直接つながりませんが、贈与や売買で共有解消を行うよりも税金が押さえられること、共有解消により、各々自由に不動産活用が行えること、今後相続人が増えてしまい売却をしようにも関係者の調整がとれずどうにもならなくなったといった事態にもならなくなったため、根岸さん(仮名)は御安心されておりました。

ポイント
  • ・不動産の共有は解消する
  • ・土地交換特例は使い方によって不動産の資産価値を向上させる

まずはお気軽に無料相談をご予約ください。

まずはお気軽に無料相談をご予約ください。

※お電話・メールでのご相談はお受けしておりません。
面談でのご相談となりますのでご了承ください。